ひできさんの『三線教室(ってほど堅苦しくないですけど)』

静岡県浜松市で、日本一ゆるい三線教室を細々としている人のブログです。

トンコリ ~北方の竪琴

トンコリ

三線が沖縄なら、タイトルのトンコリは真逆の北海道から。

厳密にはこれ、北海道だけでなく、千島列島や樺太(現在のロシア・サハリン州&不法占領地帯)にいた先住民とされるアイヌウィルタ(オロッコ)ニヴフ(ギリヤーク)といった少数民族の方々の楽器ということで伝わっている、広い意味で和楽器の1つです。


f:id:hideki_34th:20170910231259j:plain
トンコリの写真



私のこの写真のものは5弦ですが、元は3弦や6弦のものもあったり、大きさも、もっと小さいものもあれば、逆にもっと大きなものもあったりと、まちまちだったそうですよ。

娘を事故で亡くして嘆き悲しむ母親を見かねて、父親が娘を模して作ったとされるのがトンコリであるという伝承を私は聞きましたが、真偽のところは不明です。


また、地域的に隣接している大陸(ロシア極東地域や中国東北部(旧満洲国エリア))の少数民族の中には、弦のことを「トンゲリ」などと発音するという説があり、そこから来てるのではないかという言われもあります。


ちなみに北海道では「カー」と呼ばれていて、まんまアイヌ語で「糸」を意味するとかで、弦楽器のことを糸と呼ぶ他地域と同じニュアンスなようです。

弾いてみたらこんな音になります。

youtu.be

トンコリ三線の大きさ比較の写真です。

f:id:hideki_34th:20170910232148j:plain


三線とは真逆の、北の地域の楽器のご紹介でした。



リンクもろもろ

私の方の三線教室、9月度開催のご案内です!!hideki-34th.hatenablog.jp
浜松、袋井、豊橋、磐田で開催している、フラメンコ教室のご案内です!

ameblo.jp

本格的に三線をしたい方、こちらの先生の三線教室もどうぞ◎

akachi-sanshin.jp