浜松からこんにちは!『(たぶん)日本一ゆるい三線教室』のご案内になります。

静岡県浜松市で、『(たぶん)日本一ゆるい三線教室』&『(細々と)ウクレレサークル』をしている人がブログを用いて開催日時や詳細の案内を配信しています。たまに楽器の紹介や雑記なんかも書いてます。

ベトナムの楽器

Xin chao

(シンチャオ:ベトナム語で "こんにちは(ちょっと丁寧な表現)" になります。
厳密には声調符号も入るんですけど…)

仕事上、最近はベトナムの方と関わる機会が多くて、
そういえば…と思って、この楽器を。

f:id:hideki_34th:20180517232425j:plain

ダンモイ

総称では俗に "口琴(こうきん)" とか、 "Jew's harp(ジョーズ・ハープ)" とかと呼ばれ、
ユーラシア大陸のほぼ全域と、周辺地域にかけて広く分布する民族楽器に括られる代物の中の、
ベトナムのそれです。

ベトナムでは "ダンモイ" と呼ばれていて、真鍮(五円玉と同じ材料)で作られています。
他の地域によっては、鉄製、竹製、木製のものもあります。


楽器としては、リズムを奏でるので打楽器の仲間とも、
息を吹き付けないと音を出せないから管楽器の仲間とも、
いやいや、弁を弾かないとそもそも演奏が始まらないから弦楽器の仲間とも、
どこのカテゴリにも入るような入らないような、
そんなシンプルなのに奥が深い、良い意味で原始的な楽器です。


幕末から明治にかけての文化人は舶来の言葉を上手く漢字に充てて日本語化したもので、
『音楽』とは読んで字の如く、本来 "音を楽しむ" ものでありますから、
「楽譜が読めない」とか、「センスがない」などと気にすることなく、
楽譜が読めなくても、センスがないと思っていても、こんな感じで演奏出来ちゃいますから。


と、いうわけで演奏してみました。

youtu.be


動画はふざけてるのではなく、れっきとした演奏です。


殆どの方がイメージする音楽となると、、、
ロック、ポップス、フォークソングなんかに代表される軽音楽か、
ピアノや管弦楽を用いてクラシックになるでしょうけど、
こんな音楽の嗜み方をするのが1人くらいいるのも、ありでしょ?

写真もろもろ

f:id:hideki_34th:20180517232539j:plain
普段はこういうケースに収納されています。

f:id:hideki_34th:20180517232457j:plain
日用品と大きさ比較

f:id:hideki_34th:20180517232615j:plain
三線と大きさ比較


リンクもろもろ

三線教室、5月度開催のご案内です!

hideki-34th.hatenablog.jp

浜松、袋井、豊橋、磐田で開催している、フラメンコ教室のご案内です!

ameblo.jp

浜松のがんばる母ちゃん!"ありんこ母ちゃんの気まぐれ日記"

ameblo.jp